目薬を上手に点眼できる!使用する前の準備と正しい保管方法は?

目薬上手に点眼できていますか?

目薬の液が思うように目に入らずズレたり、

液が落ちるときに思わず目をつぶって避けたりと、

上手に目薬ができない人が多いようです。

今回は目薬を上手に点眼するコツを記事にしてみました。

また目薬の使用する前の準備と正しい保管方法も知っておきましょう!

スポンサーリンク

目薬を上手に点眼するコツは?

目薬を点眼する方法はいくつかありますが、

上手に点眼するコツは顔を上に向け、利き手ではない人差し指で上まぶたを

開き、薬指で下まぶたを開きます。

利き手の人差し指、中指、親指で目薬を持ち、液を落とします。

(このときですが、目薬の容器の先の位置は利き手ではない中指の第一関節と第二関節の真ん中
辺りに持ってくると目のど真ん中に液が入ります。
私だけか^^; 指が長い人はズレるかも^^;)

くれぐれもまつ毛や目に目薬の容器の先があたらないように注意しましょう。

目薬が細菌に汚染されてしまうからです。

目薬を差すとき目をつぶって上手にできない人は

しっかり上まぶたと下まぶたを指で開けば目を閉じて失敗することはなくなりますよ^^

液が目に入るときの恐怖心がある人は容器の先を見ないように、視線をそらして

差せば和らげますよ。

目薬を差した後、すぐに目をパチパチさせてはいけません。

涙と目薬が混ざり合い効果が薄れてしまうからです。

それと目薬の液がのどに伝わり違和感を感じる人は、目をパチパチしていませんか?

目を動かすことにより、目から鼻へ。鼻からのどへと液が流れていっているのです。

目頭を押さえて2分ほど待ちましょう。

目薬を上手に使用する前に

使用する前に石鹸やハンドソープでしっかり手を洗いましょう。

目薬のキャップは清潔な場所に置くことも大事。

目薬の中身が汚染されてしまってはせっかくの効果が発揮できません。

それどころか目に悪影響を与えてしまう恐れもあるので、目薬を使用する前には

じゅうぶん注意しましょう。

目薬を上手に保管しよう

目薬の使用期限は1ヵ月程度です。

目薬を開封した時点で空気に触れているのでどうしても

細菌が繁殖してしまいます。

保管方法は直射日光が当たらない涼しい場所が適しています。しっかりキャップを閉めて保管しましょう。

冷蔵庫に保管でも構わないのですが、くれぐれも凍らせないよう注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

・目薬を差す場合はくれぐれも細菌が容器につかないようしっかり手を洗ってから

・目薬を上手に差すコツとして、上まぶたと下まぶたを開いてから目薬を点眼

・目薬の保管場所は直射日光の当たらない涼しい場所で保管

目薬を正しく使用しましょう。

この記事が参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加