スタッドレスタイヤの寿命の年数は?保管方法を教えて!夏にも使用できる?

スタッドレスタイヤの寿命の年数はご存知ですか?

『冬の間しか使用しないからまだ大丈夫』と安易に考えていると危険です!

スタッドレスタイヤの寿命の年数と保管方法、夏タイヤとして使用できるのか紹介します。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの寿命の年数は?

スタッドレスタイヤの効果がある期間は冬シーズンだけの使用でおよそ3年といわれています。

このとき注意してほしいのが、スタッドレスタイヤの使用がそれほどなかったとしても3年で買い替えた方がいいです。

というのは、スタッドレスタイヤの寿命は年数や走行距離で判断するのではなく、スタッドレスタイヤの硬度(やわらかさ)が重要になってくるからです。

スタッドレスタイヤのゴムの質は冬の気温が低い場所でもしなやかな性質を保つ働きが備わっています。

しかし、3年を超えると自然にスタッドレスタイヤのゴムが硬くなり、しなやかで柔軟に路面と密着することができていたグリップ力はなくなり、効果が発揮できなくなるのです。

使用頻度や走行距離が少なかったからまだ使える、溝が減ってないから大丈夫ではなく、基準はスタッドレスタイヤの硬度になるので3年を目安にスタッドレスタイヤを交換するようにしましょう!

スタッドレスタイヤの保管方法

3年を目安にスタッドレスタイヤを交換することを紹介しましたが、保管方法によってはスタッドレスタイヤの寿命が短くなるので注意が必要です。

ベランダや外にスタッドレスタイヤをそのまま積み上げて保管していませんか?

雨風にあたる状態での保管は保管とはいえません。

スタッドレスタイヤの劣化が急激に進んでしまいますので避けましょう。

スタッドレスタイヤを保管する方法としてはまずタイヤの汚れを水で落とし、しっかり乾かしてからビニールシートを被せて保管します。

保管場所としては、直射日光に晒されず、風通しの良い場所を選びましょう。

床にそのまま置かず、角材を敷いて底上げすると空気の通り道ができるのでグッドです。

スタッドレスタイヤの性能を保持させるためにもしっかりとした保管が大事になります。

スタッドレスタイヤを夏タイヤとして使用した場合

スタッドレスタイヤでも夏に使用されることも想定して作られているので、危険とまではいきませんが注意するポイントがあります。

スタッドレスタイヤは夏タイヤよりもゴムが柔らかく作られていて、氷の上では柔軟に路面と密着しグリップ力を発揮してくれますが、夏場など路面温度が高くなると柔らかくなりすぎてグリップ力が低下してしまうのです。

ですのでブレーキ操作は普段よりも早目に心がけるように注意しましょう。

またいうまでもありませんが一年中スタッドレスタイヤの走行はスタッドレスタイヤの性能を失わせてしまいます。

スタッドレスタイヤの夏場の走行は履き潰す覚悟をもって車を運転しましょう。

最後に

スタッドレスタイヤはしっかり3年で買い替えるようにしましょう。

車の事故は命を奪います。

相手やあなたを。

事故が起きてから

『交換しておけば。。』と思っても遅いですから。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加