ハロウィンで渡すお菓子のオススメは?渡す理由と渡し方、目安は?

ハロウィンで家を訪れる子供たちにお菓子を渡すけど何が良いのか困ってませんか?

家に訪れてくる子供の数も多いので高価な物を渡していたら出費も高くなるけどハロウィンにちなんだ物も渡したいし。。

そこでハロウィンで子供に渡すお菓子のオススメを紹介したいと思います。

ハロウィンでお菓子を渡す理由とお菓子の渡し方、子供一人当たりの目安も紹介しています。

スポンサーリンク

ハロウィンで渡すお菓子のオススメは?

ハロウィンで子供たちに渡すお菓子は飴がオススメです。

ハロウィンの日は何軒も家に訪れることになるのでハロウィンを終えるときにはお菓子でいっぱいになっています。

お菓子をもらってくる子供の親としては、お菓子が大量になるのもちょっと迷惑かも。

もらってきたお菓子は結局子供のお腹に入るので子供の健康のことも考えると親としては飴やガムなどの一口で食べ終わるお菓子がいいと思うんですよね!

飴でしたら業務用の袋に沢山入っているのを用意しておけばいいですし、何より安上がりですむので嬉しいことだらけかと。

ハロウィン用の飴なのでもらった子供たちは喜びますよ!

何種類もの味があるのでオススメです^^

ハロウィンでお菓子を渡す理由は?

そもそもハロウィンの日に子供たちにお菓子を渡す理由はなぜなんだろう?と気になりますよね。

元はハロウィンは古代民族ケルト人の民俗行事で、一年の収穫と自分たちに災いをもたらす悪魔を追い払うために行われたのが目的です。

昔は作物を悪魔に捧げることによって災いを回避していましたが、現代は子供たちにドラキュラや魔女などの仮装をさせ、作物の代わりにお菓子を渡して災いから逃れられるという行事に変わっているわけです。

ハロウィンの日、子供たちが家へ訪れたときトリック・オア・トリートと言うのは「イタズラされたくなければお菓子をちょうだい」をあらわします。

トリックは悪だくみや騙すなどイタズラを意味し、トリートはもてなす、ごちそうをあらわします。
トリートにはお菓子という意味にはならないのですが子供が使う言葉なのでごちそうからお菓子に変化し、「イタズラかお菓子を渡すか」の意味に変わっているのではないかと。

調べてみても真意はよくわかっていないようですね。

ちなみに外国のイタズラの例で多いのは玄関に生卵を投げつけるようですよ。

後片付けが大変なのでお菓子を渡した方がいいですし、何より子供たちの笑顔が見たいので渡しちゃいますよね!

ハロウィン 魔女

ハロウィンでのお菓子の渡し方は?

ハロウィンの日に子供たちにお菓子を渡そうと思って待っていても子供たちは自宅を訪問しません。

ハロウィンのイベントに参加しているよと子供たちにアピールするために玄関前にカボチャのおばけジャック・オー・ランタンを用意し、「お菓子を渡すので遊びに来てね」と書いた看板や札を置いておきます。

その看板を見てあなたの家へ仮装をした子供たちが訪れるのでお菓子を渡すようにしましょう。

お菓子を渡すとき子供たちにかける声は「ハッピーハロウィン」です!

仮装をした子供たちに一言二言褒めてあげるようにすると子供たちも嬉しくなりますので声をかけてあげましょう。

ハロウィンで渡すお菓子の一人当たりの目安は?

一人当たり一袋が良いでしょう。

お菓子の詰め合わせから渡すのでしたら個別に分け一袋渡すようにします。

ハロウィンの日は何軒も訪れることになりますので詰め合わせを一袋全部一人に対して渡していたら大量になってしまいますよね!
子供の健康も考え控え目にお菓子を渡してあげます。

先ほど紹介した飴でしたらニ、三個がベストではないでしょうか^^

最後に

イベント盛り上がるといいですね!

仮装をして家に訪れる子供たちの姿やお菓子を渡して喜ぶ子供たちの笑顔が楽しみですね^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加