結婚式の電報はいつまで送る?気をつける内容や新婦の苗字はどうする?

友達からの結婚式の招待状が届いたけど都合が悪く欠席することに。。

電報を利用して祝福を祝うことに決めたけどどうすればいいの?

今回は結婚式の電報はいつまでに送るのかと気をつける内容、結婚して苗字が変わる新婦への宛名はどうするべきかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式の電報はいつまでに送る?

結婚式の半日前に届くように手配しておきましょう。

電報はNTTでしたら届け日の一ヵ月前から申し込むことができるので早目に手配しておけます。

結婚式が午後から始まるなら当日の午前中に。

午前中から始まるなら前日の午後までに届くように手配しておくのがいいでしょう。

結婚式が始まる1時間前でも問題はないのですが、
新郎新婦が式の準備で送られてきた電報に目を通すことができない場合もあります。

どの電報を披露宴で紹介するかは新郎新婦が決めるのが通常なので半日前には届くように手配しましょう。

結婚式の電報の内容で気をつけることは?

結婚式の電報で気をつけたいことは再婚を連想させる『重ね言葉』、別れを連想させる『忌み言葉』を文面に入れないようにしましょう。

重ね言葉は『たびたび』や『ますます』などがあたります。

『前途ますますの~』は祝電でよくありますが重ね言葉になるので注意が必要です。

『切れる』や『戻る』、『離れる』忌み言葉は結婚式の電報の文面にわざわざ選んで入れることはないでしょうが、送る場合は再度確認しましょう。

電報サービスを行っている事業では様々な祝電の文例も用意してありますので無難で済ませたい場合は利用するのも方法の一つです。

しかし、仲の良い友達の場合はやはり自分で考えた内容の祝電で送りたいですね^^

結婚式の電報で新婦の苗字はどうする?

新婦の宛名の苗字はどうするべきか悩んでしまいがちですが旧姓で送ります。

入籍を済ませていても同じです。

式場では、男性の苗字○○家、女性の旧姓の苗字○○家で紹介されます。

結婚して何年も経過してからの式を挙げた場合は入籍後の苗字でも問題ありません。

まとめ

・結婚式の電報は半日前に届くように手配する
・祝電の文面はますますなどの重ね言葉や切れるなどの忌み言葉に気をつける
・新婦の宛名は旧姓で送るようにする

あなたの祝電が相手へしっかり伝わるといいですね!

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加