エアコンの冷房の電気代を抑えるには?効率アップと節約術を紹介!

夏は気温が高くなりエアコンの冷房使用が必要になってきますよね。
しかし、毎日エアコンを使用するとなると電気代が高くつきます。
電気代が高くなるのは仕方が無いと言えばそうなりますが、何とか費用を抑えることはできないのでしょうか?
今回はエアコンの冷房の電気代を抑える方法、エアコン使用の効率アップと節約術を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エアコンの冷房の電気代を抑えるには?

エアコンの冷房を抑えるには夏場の直射日光を室内に差し込まないようにカーテンなどで遮断するようにしましょう。
カーテンで遮ることにより室内の温度を上げづらくすることができます。
エアコンを使用すると設定した温度まで室内の温度を下げるよう冷たい風を送り続けるので、
外気の温度の影響を低くすることで冷房の負担を抑えることにつながってきます。

部屋の温度が安定したからと言ってエアコンの電源をOFFにしたり、暑くなってきたからエアコンをONにするなど、細目に電源をON・OFFにすることは止めましょう。
エアコンは起動するときが一番電力を必要とするので電気代を抑えることになりません。むしろ電気代が高くなります。
設定温度まで到達すれば使用する電力を抑えるような動きに変わるので、何回も付けたり消したりせずにそのままエアコンを動かしていた方が電気代が少なく済みます。
それと室内の温度を下げる目的なら除湿にせず、冷房で使用するようにしましょう。
エアコンのタイプによって除湿は冷房より余計に電力を使用します。
そもそも除湿は部屋の湿気をとることを目的にしていて部屋の温度を下げることではありません。
温度を下げるのを目的に使用するなら冷房になります。
また、エアコンだけではなく扇風機も併用すると部屋の空気が早く循環して涼しくなります。
扇風機にかかる電気費用は1時間1円にもなりませんので常に動かしていても負担は少ないです。
扇風機だけだと暖かい風で耐えられませんが、エアコン併用で使用すると扇風機の風も冷たく感じるようになるのでオススメです!

エアコンの冷房効率をアップする方法

冷房効率をアップするためにエアコンのフィルター掃除を行いましょう。

エアコン掃除
フィルターを外すと部屋から吸い込んだホコリやダニなどのゴミが付着していています。
そのまま使用すると涼しい風を流れにくくする原因になりますし、
エアコンの風とともに空気中に流れ、喘息などの体への影響を与えてしまうおそれもあるので
フィルターは1~2週間に1回掃除するようにしましょう。
それと外に置いてある室外機にも気を配りましょう。
直射日光に当たって熱くなっていると冷房するのに負担がかかります。
日陰を作ったり、エアコンを使用する前までカバーをかけておくことで熱を抑えることができます。
エアコン使用時にはカバーなどは取り外し、部屋から吸い込んだ暖かい空気をスムーズに外に送り出せるよう、物は近くに置かないようにしましょう。

こちらは室内の温度の上昇を抑える役目もあるし、見た目も涼し気です^^

エアコンの冷房の節約術

エアコンの節約として使用しないのが一番ですが、暑くて熱中症で倒れてしまうので止めておきましょう。
なるべくエアコン使用をしたくないのなら、外出先で休むのはどうでしょうか?
読書が趣味でしたら図書館などで読むようにすればエアコンが効いていて快適に過ごせます。
エアコンが効いていてお金をなるべく使わない施設を訪れ一日を過ごすようにすれば部屋でのエアコン使用を少なくすることができます。

まとめ

・外部からの直射日光を部屋に差し込まないようカーテンなどで遮断する。
・エアコンを細目にON・OFFしないようにする。
・扇風機など風を送れる物と併用する。
・日差しを遮るため室外機にエアコン使用前までカバーなど掛けておく。
・自宅以外の涼しい場所で過ごす。

これらを取り組んでいき夏場のエアコン使用の電気代を抑えましょう^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加