バーベキューで煙が少ない食材や方法は?おススメグリルは?

気温が上がり暖かくなってくるとバーベキューを楽しむ人が多いのではないでしょうか?

バーベキュー場に行けば気兼ねなくバーベキューを楽しむことができますが、
用意した物を運ぶのが大変だし車を運転するとなるとお酒も飲めません。

では自宅の庭でバーベキューをすれば物を運ぶのも負担が減り、
お酒も飲むことができますよね!

しかし、庭でバーベキューとなると火を起こしたときや食材を焼いたときの煙が気になります。

今回はバーベキューの出た煙でご近所さんと
トラブルにならないよう煙が少ない食材や煙を少なくする方法、
おススメグリルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バーベキューで煙が少ない食材は?

煙が出る原因は食材を焼いたときに出る脂が滴り、炭に落ちるからです。

煙を少なくするには脂分が少ない食材を選びましょう。

赤身の部分や海鮮物ですとホタテが煙が発生しにくいです。

脂分が多いホルモンは庭でのバーベキューには不向きです。

それと食材ではないですが、お肉を焼く場合にタレや塩やコショウで味付けをしますが、
塩コショウですと煙がおきにくいですよ!

タレだと焼いている途中に滴って煙が多くなります。

どうしても味付けはタレにしたい人は、焼ける直前に絡めましょう。

紙皿にタレを準備して焼いた肉をタレに漬けながら食べるのも煙の防止になります。

バーベキューで煙が少ない方法は?

食材は脂分が少ない物を選ぶことで煙の発生を抑えることは伝わったと思います。

他にも煙が少ないバーベキューグッズを使用することにより、煙を抑えることができますよ。

少し値は張りますが、炭はオガ炭を使用することで、
煙は少ないし燃焼時間も長いので庭のバーベキューにはおススメです。

炭火のおこし方としては着火剤を使用すると便利です。

防水ファイヤーライターは煙が少なく、火力も充分で楽に火を着けられます。

1個の大きさも小さく持ち運びや保管も楽ですよ^^

バーベキューで煙が少ないおススメグリルは?

煙が少ないグリルを使用することにより気軽にバーベキューを楽しむことができます。

『ロータスグリル』は煙が少なく着火も容易にできるし持ち運びも楽々です。(着火剤はジェルタイプが必要)

煙が少ない構造として炭を入れる場所(チャコールコンテナ)の上部が
プレートになっていて脂の滴りが炭に落ちないように工夫されています。

バーベキュー後のお手入れが簡単なのも魅力ですよ。

最後に

バーベキューで煙の出にくくする方法を紹介しましたが、
ご近所さんとのトラブルを防ぐためにも
数日前に挨拶をして、お庭でのバーベキューの了解を得ておきましょう。

煙が少なくなったとはいえ、完全ではないし迷惑をかけることもあります。

開始時間や終了時間も挨拶と同時に伝えておきましょう。

相手に一声かけておくだけでトラブル回避に繋がってきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加