旅館に宿泊する際にチップは必須なのか?渡し方や金額は?

旅館に宿泊する際、お世話になる仲居さんに

チップを渡すようなことを聞いたことはありませんか?

『宿泊している間お世話になります』という気持ちを形に残すため、

お金を包んだりと。

しかし、『宿泊費用を払っているのに別に払わなくてはいけないのか?』

と疑問に思うこともありますよね!

海外ではよくホテルに宿泊するときに、
部屋まで荷物を運んでくれるボーイさんにチップを渡している光景を映画などで見ますが、
同じように日本でも旅館に泊まる場合はチップを払わなければならないのか?

を今回は説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

旅館に宿泊する際にチップは必須なの?

旅館でチップを渡すことは原則的に必須ではないです。

原則的にとしたのは、一切渡す必要はないと捉えるのではなく

場合によってはチップを渡した方がいいだろうというケースもあるからです。

旅館でチップを渡さなくてもよいとする理由は、

宿泊費用に宿泊する間お世話になるサービス料が含まれているからです。
宿泊費用とは別にチップを渡していたらサービス料分を二重に払っていることになりますね!
だから渡すことは必須ではないのです。
では場合によってチップを渡した方がいい例となると、

小さな子供連れで宿泊するときです。
子供がはしゃいで旅館の中を走ったり、

大きな声で叫んだりと多少の迷惑をかけることが考えられるので、

『宿泊の間、ご迷惑をかけることがあるかもしれませんが。。』
と、先にチップを渡しておくことがあります。

それと、仲居さんに特別何かをしてもらい、お世話になったときです。
具合が悪くなって薬を用意してもらった、

無理強いを言ったが応えてくれたとかですね。
その場合は別にチップを渡すようにしましょう。

女将さん

旅館に宿泊する際のチップの渡し方やタイミングは?

チップの渡し方ですが、そのままお金を渡すのではなくポチ袋に入れて渡しましょう。

ポチ袋がない場合はティッシュに包んで渡すもありです。

渡す場合のタイミングとしては仲居さんが宿泊部屋を案内し、

挨拶や宿泊についての説明が終わって仲居さんが部屋を退出するときがよいでしょう。
『お世話になります。これは少ないですが。。。』とお世話になる、

迷惑をかけることがあるかもしれないことを伝えながら、チップを渡せばOKです。

ただし仲居さんがチップの受け取りを拒否したら、潔く引きましょう。
一度断られてすぐ引くことはありませんが、二度三度となると、

旅館の決まりとしてチップを受け取らないよう指導されていることも。
旅館側に知られてお部屋を案内してくれた仲居さんに迷惑をかけることになるので、

その場合はチップを下げるようにしましょう。

旅館に宿泊する際のチップの金額はどれくらい?

渡す金額の相場は千円~三千円になります。

団体客でお世話になる場合は五千円~一万円の相場になっています。

とはいえ自分に負担がかからない程度が良いでしょう。

またお金ではなく、お菓子などで渡す方法もあります。

他県の旅館に宿泊する場合は、自分が住んでいる名物のお菓子なども、

仲居さんの気持ちの負担もかけにくく、

普段食べれる機会がないお菓子は喜ぶようですよ^^

最後に

昔は旅館に宿泊する場合はチップを渡すことが多かったようです。

バブルとかも関係があったのかな?

しかし、現在はチップを渡すことは少なくなっています。

宿泊費用に含まれているとなると別に渡さなくても、と思うのは当然ですが、
親切に気持ちの良いサービスをしてもらったときは、チップを渡すのも個人的にはありかなとも思います。
もちろん負担にならない程度ですが^^;

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加