昼食後の歯磨きは必要?口臭の原因かも?代わりの改善方法は?

歯磨きをすることで虫歯を予防することになりますが、
口臭予防として歯磨きを一日に頻繁に行っている人もいるのではないでしょうか?

朝食後や就寝前に歯磨きをすることは大事ですが、
昼食後や間食後もとなると歯磨きの回数が多いかもしれません。

その結果、気になる口臭の原因になります。

スポンサーリンク

昼食後の歯磨きは必要?

昼食後の歯磨きは口臭予防としての行動でしたら控えましょう。

男性は昼食後の歯磨きをする人は少ないですが女性はエチケットを気にして、
特に勤めている日は歯磨きする人が多いようです。

歯磨き後は吐く息がスゥ~っとして口臭予防になるはずなのに口臭が気になる。
そのようなことはありませんか?

実は歯磨きを朝や就寝前だけではなく、
昼やおやつを食べた後もと、
回数を多いと口臭の原因になってしまいます。

食べた後の口の中の臭いが気になって歯磨きしていたのに、
なぜ逆効果なのでしょうか?

昼食後の歯磨きは気になる口臭の原因になるのはなぜか?

歯磨きをすることで口の中にある唾液が少なくなってしまうからです。

唾液には口の中に含まれている嫌気性菌の増殖を抑える働きがあります。

唾液が少ないことによって嫌気性菌が増殖してしまうのです。

嫌気性菌が増殖することによって臭気ガスを発生し、
それが口臭の原因になるのです。

また唾液の働きは嫌気性菌を抑えるだけではなく、
他にも虫歯になりにくくする働きもあるのです。

私たちの口の中は普段は唾液により中性に保たれているのですが、
食べ物を食べたり飲み物を飲むことによって、
口の中が酸性に傾き、虫歯になりやすい環境ができてしまいます。

しかし唾液を大量に分泌することによって、
虫歯になりやすい酸性状態から中性に戻してくれるのです。

昼食後の歯磨きの代わりになる改善方法は?

ズバリ唾液を増やすことです!

唾液を分泌することで口臭の原因を改善してくれるので、
唾液をしっかり分泌させましょう。

唾液を多く分泌させるにはガムを噛むなどが一番ですよ!



おすすめはキシリトール入りのガムがいいですよ^^

キシリトール入りのガムを噛んでも酸が作られません。

虫歯になりにくい環境を作りますし、
噛むことによって唾液が分泌されるので口臭予防に効果があります。

これからは口臭予防対策はガムで決まりですね!

最後に

歯磨きに関しては朝食後と就寝前はしっかり磨きましょう。

特に就寝前の歯磨きは一番大事です。



就寝中は唾液の分泌が少なくなり、
虫歯になる細菌が発生しやすい環境になります。

歯磨きせずに寝ることは細菌を残したまま、
過ごしやすい環境を与えてしまい虫歯になりやすくなるので、
就寝前はしっかり磨きましょうね^^

朝食後に磨くのは嫌な人は起床後うがいをしてから朝食にとりましょう。

うがいをするだけでも細菌をある程度、洗い流してくれますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加