田植えを手伝うときの服装は長袖や長ズボン?日焼け止めではダメ?持ち物は?

田植え服装
田植えの手伝いや体験に初めて挑む人は作業をするときの服装や持ち物が気になりますよね。

気温も上がって暖かくなり晴れ晴れとした中、
体を良く動かす田植え作業なので半袖がベストなのではと考えたりしますよね!

しかし、田植え作業をするとき、上の服装は長袖、下は長ズボンがほとんどです。

作業をしていくうちに暑くなってくるのでは?と疑問になりますが、
長袖・長ズボンでする理由がしっかりあるのです。

その理由を説明していきます。

スポンサーリンク

田植えを手伝うときの服装は長袖や長ズボンの理由

長袖や長ズボンをおすすめするのは肌の日焼け対策からです。

田植え時期となると日差しが強く紫外線の量も多いです。

なので肌を守るためにも長袖長ズボンの服装で挑みます。

田植え体験の場合、日程としてほぼ一日だったり半日だけだったりとありますが、
手伝いの場合はほぼ日中動くことになりますので
しっかり肌を出さないように日焼け対策はしておきましょう。

服装以外にも首の日焼けを守るためにタオルを巻いておくことも忘れずに。

汗をかいたときはタオルで拭くこともできるので必需品です。

それと田植え作業で服は泥で汚れるので捨てても良い服を着て行くようにしましょう。

他に身に着ける物として帽子は大事です。

田んぼの中での動きやすさを重視して長ズボンを巻くって
裸足で作業する人も多いですが、
瓶の欠片や尖った石などでケガをする人もいます。

また地域によってヒルなどもいて気づかないうちに噛まれていることもあります。

その理由もあってやはり長ズボンは巻くらず、
田植え用の長靴や足袋を準備して作業に挑みましょう。

田植えを手伝うとき日焼け止めでの対策ではダメ?

日焼け止めを使用すれば半袖でも大丈夫なのではと思いがちですが、
汗で流れ落ちて効果が半減してしまっては思うように防げません。

やはり長袖がいいでしょう。

日焼け止めを塗ってその上に長袖を着て肌を守ります。

朝は天気が良くても田植え作業が始まったら
天気が崩れて肌寒くなることも意外と多いです。

顔など肌が出てしまう部分はもちろん、
長袖長ズボンを着て肌が隠れる部分にも日焼け止めを
塗って田植え作業に取り組みましょう。

田植えを手伝うときの持ち物

田植えをするときの持って行った方が良い持ち物

・水筒

・着替え一式

・サンダル

・汚れた服を入れる袋

・消毒薬

汗をかくことによって体の水分を失ってしまいますので
水分補給のために必ず水筒は持ちます。

周囲が一面田んぼで周りにないことも考えられますので忘れずに。

脱水症状で倒れたら大変です。

田植え作業終了時に足を洗うときサンダルに履き替えれば楽ですのでおすすめですよ!

最後に

田植え作業は泥の中の移動一歩一歩が足に結構な負担になりますし、
苗を植えるときは腰を曲げ負担をかけやすいです。

作業途中に伸びをすることや田植え作業が終わった後は
体を揉みほぐすようマッサージしましょう。

普段運動してない人は尚更、
翌日筋肉痛をなるべく抑えるためにも大事なことです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加