葛飾花火大会2016年の日程は?観覧するなら柴又側?松戸側?

葛飾花火大会は1時間でおよそ1万3千発の花火が打ち上げられる東京の人気花火大会です。

こちらの記事では葛飾花火大会2016年の日程と花火を観覧する場所、

柴又側と松戸側の特徴を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

葛飾花火大会2016年の日程は?

開催50回目になる葛飾花火大会2016年はいつもの花火大会と内容は異なります。

日時 2016年7月26日(火)

時間 19時20分~20時30分

打ち上げ花火数 1万5千発

場所 葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

雨天中止の場合は翌日27日に順延

今年は例年より時間と花火の数が少し多めの開催予定になっています。

開催50回目の葛飾花火大会なので花火の内容も少し違った演出をしてくれるかもしれませんね!

それでは次は花火を観覧する場所についてです。

葛飾花火大会2016年の柴又側の情報は?

公共交通機関で最も葛飾花火大会会場に近いのは

京成金町線柴又駅になり10分で柴又野球場へたどり着きます。

打ち上げ花火間近で観覧できますので迫力ある花火を見たい人には柴又側がいいでしょう。

また花火会場に向かう途中の柴又帝釈天は普段は観光地としてお土産屋さんが構えていますが、
花火大会当日は屋台も多数出店して大いに賑わうことになりますので、
花火だけではなく街並みを散策したい方は柴又側で下車することをおすすめします。

しかし、多数の観覧客が訪れますので
人混みが苦手な人、ゆっくり花火を観覧したい人、花火大会開催時間に到着する予定の人は
観覧場所を柴又側ではないほうが良いかもしれません。

遅くても16時30分ぐらいには花火会場に到着して場所を確保しましょう。

葛飾花火大会2016年の松戸側の情報は?

柴又側の反対、千葉県の松戸側での観覧としては、観覧客が少なくゆったりと花火を楽しむことができます。

こちらの観覧場所は江戸川ラインゴルフ松戸コースですが、当日は無料開放になっていますよ。

観覧客が少ないため、開催時間ギリギリに足を運んでも観覧スペースを確保できます!

人混みが苦手な人にはおすすめです。

また仮設トイレも用意されますので心配はありません。

ただし、駅から会場まで30分程歩きますので、小さいお子様と向かう場合は大変になるかもしれませんね。

屋台も柴又側と比べると少ないので、食べ物や飲み物は事前に準備しておくのがいいでしょう。

松戸側は矢切の渡し付近からの観覧も穴場スポットになっております。

迫力ある花火とまではいきませんが、こちらも観覧者が少なくゆったりと花火をみることができます。

花火だけを楽しみたい人には松戸側をおすすめします。

最後に

葛飾花火大会では有料席のスペースも用意されています。

費用が割高になりますが、
開催50回目の葛飾花火大会を近場からゆっくり観覧したい人は検討してみるのもいいかもしれませんね!

葛飾花火大会を大いに楽しみましょう^^

この記事が少しでも役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加