蚊の活動時期は?どこから侵入してくるの?血を吸われやすい体質は?

まだ夏でもないのに部屋の中に蚊が現れました。

昔は蚊は夏場だけ現れていたと思っていたのですが、去年は11月頃まで蚊を見ましたし、
今年は5月に入ったばかりでもう見かけましたし、蚊の活動時期が長くなったのでしょうか?

どこから侵入してくるのか?蚊に血を吸われやすい体質も紹介しますので合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

蚊の活動時期は?

蚊の活動時期は4月下旬~11月中旬です。

私が部屋で遭遇した蚊は珍しいわけではなく、活動時期にあてはまっているんですね!

活動適温は22~27℃です。

最近、夏真っ只中は蚊に出くわす頻度が少なくなってきていませんか?

地域によって異なってきますが、夏に蚊が現れないのはどうやら蚊の活動適温が関係しているようですね。

私の地域も夏場に蚊は少なく9月~10月の秋に変わってからが多いです。

去年のその時期も蚊取り線香毎日使用していました。

それと最近の家は隙間風が入りにくい構造になっているので室内が比較的年中暖かく、

蚊は天井の隅などで生き残っていられるようです。

蚊はどこから侵入してくることが多い?

蚊の侵入経路は換気扇からが多いです。換気扇の隙間から侵入してくる対策方法としては

換気扇カバーを取り付けるなどでしょう。

他にも侵入経路として、人間の体や服から離れずに室内に持ち込んでしまうことや

洗濯物を取り寄せるときに入ることが多いです。

家の中に入る前に服をはらったり、

予めドアや窓周りに蚊を寄せ付けないスプレーを使用して家への侵入を防ぎましょう。

充分に対策しても家の中に侵入してきた場合は蚊取り線香や殺虫スプレーで退治しましょう。

目の前に蚊がいるのに、叩いて退治するのがうまくいかない人はこんな商品もありますよ。

蚊に吸われやすい体質とは?

蚊は、体温や臭い、そして二酸化炭素の密度などで刺す相手を感知しています。

周囲よりも体温が高く、汗の臭いを発しており、呼吸によって二酸化炭素を吐き出している、
という条件によって、そこに血を吸える動物がいる事を判断しているようです。

当てはまるのが仕事や運動後ですね。体温、発汗量、呼吸量などが増加するため、

蚊に狙われやすくなります。

また、お酒を飲むことによっても増加するので蚊に刺されやすくなりますよ。

まとめ

・蚊の活動時期は4月下旬~11月中旬で活動適温は22~27℃

・蚊の家の中へ侵入する経路は換気扇からが多い。
他には外から家へ入ってきた人間の体や服に付いて侵入したり、

知らずに洗濯物に付いていて家の中へ侵入する。

・仕事や運動後の体温や発汗量、呼吸量などが増加すると、蚊に狙われやすくなる。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加