初盆のお供えはいつから?贈り物は?金額の相場は?

初盆とは四十九日を過ぎてから初めての盆を迎えることを表し、亡くなられた故人を念入りに供養します。

今回は初盆のお供えはいつからなのか?

初盆のお供えの贈り物は何にすればいいのか?

初盆のお供えの金額の相場を紹介します。

スポンサーリンク

初盆のお供えはいつからなの?

初盆は地域や宗派によって変わってくるのであらかじめ確認しておきましょう。

7月であったり、8月にお盆を迎えるなど地域によって違ってきますが、日にち関してはそれぞれ13~16日の4日間となっています。

遠方で足を運ぶことができない場合はお供え物を送ることになりますが、初盆の一週間前に届くようにしておきましょう。

足を運べる人の場合はお盆期間中に届けてあいさつをすれば良いです。

初盆のお供えの贈り物は何にすればいいの?

初盆のお供え物は菓子や線香、ロウソクなどの消え物が贈り物として良いようです。

ただし、線香やロウソクの場合、贈り物として他の人と一緒になってしまい、
贈られた遺族は大量に余ってしまうこともあるようです。

菓子に関しては日持ちする菓子で、中身が袋で分けられている物がいいですよ。

後でいただいた菓子を分けて配ることもできますので、気をつけましょう。

初盆のお供えの金額の相場はいくら?

金額の目安は3千円~1万円となっています。

亡くなられた故人との関係の深さによって変わってくるようですね。

地域によっては香典のみの場合やお供えの贈り物のみ、香典とお供えの贈り物の両方贈ると変わってきますので、調べておきましょう。

まとめ

・初盆とは四十九日を過ぎてからの初めてのお盆を迎えること。

・その地域のお盆によって7月であったり8月だったりと迎える月が違う。日にちに関しては13~16日の4日間

・菓子や線香、ロウソクなどの消え物で日持ちする物をお供え物の贈り物に選ぶ

・お供えの金額は故人との関係の深さによって変わる。3千円~1万円が相場。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加