お盆玉はお盆に渡す小遣い!いつから?袋がある?金額の目安は?

お盆玉

お盆玉という言葉を最近ニュースで聞くようになりましたが、何のことか知っていますか?

今回はお盆玉について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お盆玉は盆の小遣い?いつから始まったの?

お盆玉とはお正月に子供やお孫さんに渡すお年玉の夏バージョン、お盆に渡すお小遣いです。

新しい習慣を広げるために2010年に紙製品を取り扱っている企業がお盆玉と名前を付け世に広めました。

江戸時代にも夏に奉公人に衣類や下駄を渡す習慣があり、昭和の初めには小遣いを渡すように変化していったなど、そのような出来事が一部の地域であったようです。

お年玉だけではなく、お盆にも毎年子供達やお孫さんにお小遣いを渡している方は名前が付いただけなので構わないですが、お年玉だけ渡していた方には本音は習慣化してほしくない出来事かも^^;

お盆玉として小遣いを渡すとき用の袋がある?

お年玉を渡すときと同様、お盆玉にもお小遣いを渡すときの専用のポチ袋があります。

今では夏の時期になるとデパートやコンビニでも販売しているのを見かけますが、最初はお盆玉のポチ袋を積極的に習慣化させようと日本郵便が協力して取り組んでいました。

スイカやかき氷の絵、ひまわりなどのが描かれています。

また文字はユニークで、「おぼんだま」「おこづかい」「またおいで」と色々な種類があります。

私はお盆玉の存在を知ったのはニュースではなく、郵便局で置いてあるポチ袋で知りました。

「日本郵便も新しいこと始めたな~」とそのとき思いましたが、実は違っていて、お盆玉を広げようとしていた企業に積極的に貢献していたのですね^^;

郵便局は多数の人が利用しますし目に留まりやすいので良い宣伝になりますからね。

お盆玉の小遣いを渡す金額の目安は?

ではお盆玉を渡すとした場合、金額はどれぐらいを考えておけばいいのか?

お盆玉のお小遣いの金額はお年玉と同じか又はお年玉よりも少し少ないくらいが目安なようです。

一般的には小学生には千円~3千円、中学生には3千円~5千円、高校生になると5千円~1万円ぐらいとなっています。

最後に

今年の夏も郵便局やデパートなどにお盆玉用のポチ袋が並ぶでしょうが、このまま習慣になっていくのか、私は少しビクビクしています^^;

甥っ子、姪っ子といますので毎年お年玉のお小遣いは渡していますが、お盆までお小遣いとなると厳しいかな~。

お金を出費する様、企業側もあれやこれやと考えていますが、私個人としては「色々と増やさないでほしいな~」の一言ですね^^;

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加