ねぶた祭りの跳人の衣装の準備や参加するには?鈴の意味は?

青森ねぶた祭りは毎年8月2から7日の6日間で行われます。

迫力あるねぶたの運行を観覧しようと、毎年多数の人達が訪れ盛り上がります。

観覧客として、ねぶたを見るのも良いですが、今年はねぶた祭りに参加してあなたが盛り上げてみませんか?

ねぶたとともに移動し、踊り手の人達がいますが、彼等は跳人(はねと)といって、ねぶた祭りを盛り上げるのに
大事な役目を果たしています。

今年はぜひあなたも跳人として参加し、彼等と思い出を作ってみませんか?

スポンサーリンク

ねぶた祭りの跳人として参加するには必要な衣装を用意しよう

跳人の参加は前もって予約する必要はありません。誰でもすぐに参加できます。

そのためにはしっかり跳人の衣装を着て、正装で参加しましょう。

これが跳人参加の条件になります。

跳人の衣装はねぶた祭り開催近くのお店で用意できます。

購入はもちろん、衣装を貸し出しているお店もありますので、お店で問い合わせてみましょう。

レンタルの費用は各店舗によって異なります。足袋や草履、花笠なしですと4000円ぐらい。

一式揃えてレンタルとなると8000円程となっていますよ。

店舗によって着付けのサービスや荷物の預かりサービスも行っていますので祭りの最中は、安心して跳人に挑めますね!

もちろん毎年跳人参加を望む人はレンタルより購入がおススメです。

または、跳人に参加した思い出を残すために一式購入もいかがでしょうか?

ねぶた祭りに跳人として参加して盛り上げよう

衣装にも着替えいざ跳人として「ねぶた祭りを盛り上げるぞ!」

とやる気に満ちても、どうやって参加すればいいのでしょうか?

ねぶたを運行している団体が、ちらほら見かけますので祭りの中で探しましょう。

待機しているねぶたを運行する団体に話をすれば予約は必要なく参加できます。

ただし、団体によっては参加を許可してもらえない場合もあります。(自衛隊や青森山田高校などの団体)

その場合は他の団体を探して参加しましょう。

運行が始まり出したら跳人の掛け声は「ラッセラー、ラッセラ―」と力強く声を出しましょう!

恥ずかしいという気持ちで声を出しても気持ちが上がっていきませんよ!

跳人に参加している人達は騒がしいくらい声を出しているので、負けないくらい声を出しましょうね。

知らない参加者同士仲良くなれ、自然に一体感が生まれますよ!

ねぶた祭りの跳人が身に着けていた鈴を渡そう!危険なカラスとは?

跳人で踊っていると観客からたまに「鈴ちょうだい」と言われますので

沢山の鈴を用意しておきましょう。跳人の人から又は跳人が落とした鈴を拾うと

御利益があると云われているので、鈴を渡すと皆さん喜びますよ。

鈴を受け取った子供の笑顔を見ると跳人として参加できて良かったと感じますよ^^

しかし、楽しいことだけあればいいのですが、中にはねぶた祭りを妨害しようとしている連中がいるので気をつけましょう。

連中は「カラス」と呼ばれている若者で、祭りで目立ちたいからか、妨害して困らせたいのか、

危険なグループなので関わらないようにしましょう。

恰好は跳人と同じように衣装を着ているのですが、黒衣装の恰好でホイッスルを持っているグループです。

暴れたりもするのでケガをさせられないよう、近づかないほうがいいです。

最後に

いかがでしたか?

跳人衣装を揃えるのに費用は増えますが、

そのぶん楽しい思い出を残すことができます。

ねぶたを観覧するだけではなく、

跳人としてねぶた祭りに参加して盛り上げたい人は、ぜひ挑戦してみて下さい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加