冷房で冷えすぎ注意!妊婦さんの体に影響?冷房対策と就寝時に気をつけること

妊婦さん

気温が上昇してくると暑くてエアコンや冷房を使用することが多くなります。

妊婦さんの場合、妊娠中は体温が高いので暑さも人一倍大変でしょう。

涼しいエアコンが効いている部屋で安静にしていたいですが、

エアコンの冷房は妊婦さんに良くないと聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

お腹を冷やすのは胎児に負担がかかるから冷房使用は控えるべきなのかを記事にしました。

冷房使用と就寝時に気をつけることにも目を通してみて下さい。

スポンサーリンク

冷房は妊婦さんの体に影響があるから控えるべき?

夏の暑さを我慢するのはストレスになりますので、冷房は使用した方が良いです。

妊婦さんがストレスを抱えると赤ちゃんにも負担がくるので

無理をしないで冷房は使用しましょう。

ただし、妊婦さんのお腹を冷やすとお腹の赤ちゃんが動いてしまい、

逆子になってしまうことがありますので冷やし過ぎに注意が必要です。

また、妊婦さんは免疫力が低下しているので風邪もひきやすいので冷えすぎに気をつけましょうね。

冷房をかけているときの妊婦さんが対策することは?

職場では冷房で冷えすぎている場合もありますよね。

温度を変更することができるなら良いのですが、

同僚もいるし、外で働いてきた人のことを考えると

なかなか冷房の温度を変えることが難しいです。

妊婦さんはお腹の冷えや足の冷えに注意をしましょう。

お腹や手足が冷えると子宮が張ってしまいますので、

腹帯や厚めの靴下を履くなどしっかり対策します。

薄手の長袖のカーディガンを準備して置くなど体が冷えないよう気をつけましょう。

内くるぶしから指2,3本上に、冷えによいと言われるツボがありますので、

そのツボを一緒に暖めるのもいいです。

保温グッズなどもありますので部分的に暖めたい場合は便利ですよ。

冷房を使用するとき妊婦さんが就寝時に気をつけること

冷房の設定温度は28°です。28°では暑い場合は扇風機を併せて使用しましょう。

扇風機を併せて使うことで室内の空気が循環し、より涼しく感じます。

このときもお腹や足は冷やさないようタオルケットや靴下を履いて就寝するなど

冷やさないように注意しましょう。

最後に

夫婦生活で冷房設定温度で喧嘩になる場合がありますが、

旦那さんは妊婦の奥さんを労わる気持ちを持ってあげましょう!

お腹に赤ちゃんを抱えて生活することは大変なことです。

奥さんの体にストレスをかけさせないようにしてあげましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加