青森ねぶた祭りの日程と内容は?見るだけではなく参加しよう!

ねぶた祭り

青森ねぶた祭りは観客数300万人を超える東北三大祭りの一つと言われています。

ねぶたとは「灯籠」のことであり、穢れを海や川に流し、洗い清めることで無病息災を祈ります。

最終日の7日に行われる海上運行が灯籠流しの役目になっているのですが、

だからといって、最終日だけがねぶた祭りの見どころではありませんよ~!

スポンサーリンク

青森ねぶた祭りの日程は?

毎年8月2日から7日までの6日間で青森駅周辺の青森市内で行われます。

8月2日、3日は子どもねぶたと大型ねぶた、

4~6日は大型ねぶたの運行となります。

そして最終日の7日は、その年の受賞をしたねぶたが夜の青森港を運行し花火とともに、

フィナーレを飾るのです。

青森ねぶた祭りを見に行く方は早目の予約をしておきましょう。

青森市内のホテルや旅館では、ねぶた祭りの一年前から予約を入れている人も多数いますので、

早目の準備が必要になってきます。旅行会社、ツアーなど大型な予約も入りますので、

問い合わせたときにはすでに宿泊先が見つからなかった。なんてことにはならないよう気をつけましょうね。

青森ねぶた祭りの内容は?

ねぶた師と呼ばれる職人さんが歌舞伎や武者を題材にし、大きさ5mを超える

手作りのねぶたが山車で複数運行します。

それは大迫力で一度見たら圧巻させられることでしょう。

迫力あるねぶたは、笛や太鼓で奏でる囃子方(はやしかた)や跳人(はねと)を

交えながら青森市内中心部を移動します。

跳人はねぶたとともに移動する踊り手で、囃子方の笛や太鼓に合わせて「ラッセラー、ラッセラー」と

掛け声する光景はねぶた祭りを一層盛り上げます。

ねぶた一台に跳人が2000人につくこともあるので凄まじさがハンパじゃありませんよ~!

またねぶた祭りは見るだけではなく、跳人として一般の人でも参加できるんですよ^^

青森ねぶた祭りに参加しよう!

せっかくねぶた祭りを見に来たのですから見るだけでは終わらず、ねぶた運行に跳人として

参加し、参加者同士の思い出も作りましょう!

跳人として参加するには跳人の衣装に着替えることが必要です。

衣装はレンタルすることもできますし、購入することもできます。

衣装に着替えないと参加ができないので、注意しましょう。

衣装に着替えたら、待機所がありますので、そこで待機し、ねぶたの運行に参加します。

笛や太鼓に合わせ「ラッセラー、ラッセラー」と大勢の人達と飛び跳ね、祭りを盛り上げましょう!

明日の筋肉痛は覚悟です^^

最後に

ねぶた祭りは一日だけではなく、二日間予定を入れておくのがおススメです。

一日目はねぶた祭りを見る側で楽しみ、二日目はねぶた祭りに参加する側に立ち、

盛り上げ、ひと夏の思い出を作りましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加