夏バテ対策は原因を知ってから!生活改善と食欲がないときの簡単料理も紹介

夏バテ

夏が近づき、グングン気温が上がってくると体がだるくなり、

何もしたくない、動きたくない、食欲もなくなると、結果体調を崩しやすくなります。

これが夏バテなのですが、なぜ夏バテを引き起こしてしまうのか原因を知っておきましょう!

スポンサーリンク

夏バテ対策の前に夏バテになる原因を知っておこう

夏は気温が上がり暑くて汗をかきますが、

その汗をかいたまま、エアコンの効いた涼しいところで急激に体を冷やすことを繰り返すと、

体の調節機能がうまく働かなくなってしまいます。

暑いからといって冷たい飲み物をがぶ飲みするのも良くないですよ。

水分を大量に摂ると胃液が薄まって消化機能が落ちます。

消化に時間がかかることにより、当然胃腸に負担がかかってしまい、

さらに機能が落ちるという悪循環が起き、栄養が十分に吸収できなくなって夏バテの原因になるのです。

冷えた飲み物を摂ることで悪影響を与えることは他にもあります。

私たちの体は、体が冷えると体温を上げようとエネルギーを使うのですが、暑いからと飲み物を大量に摂取し続けると

体のエネルギーも使い続けることにより疲れが溜まって体調を崩しやすくなるのです。

夏バテになる原因がわかったところで普段の生活を改善し、夏バテ対策に取り組んでいきましょう。

夏バテ対策は生活を改善しよう

夏バテ対策としては

・冷たい物を余り摂らないようにしましょう。内臓を冷やすと余計に体力を消耗するので。

・水分を摂るときはは少量ずつ回数を多くします。ジュースは余計に喉が渇きます。飲み物は麦茶がおススメですよ!

・熱中症に気をつけながら、外で軽く運動をして身体の機能を高めましょう。

・食事は野菜を多めに摂りましょう。特に夏野菜のキュウリやナスは身体の余分な熱を取ってくれますよ!

・急激な冷房を避ける。外の気温と差がありすぎるのも良くないです。26~28°の設定にしましょう。

無理をしすぎるのも良くありませんが、少しづつ改善していきましょう。

夏バテ対策しても夏バテ?食欲がないときの簡単料理を紹介

夏バテ対策で生活改善をしても夏バテになったときの簡単料理を紹介します。

夏バテには「梅干し」、飲み物は「麦茶」がいいので、

梅干し入り冷やし麦茶漬けはどうでしょう?

梅干しはカリウムやクエン酸が含まれています。

麦茶にはミネラルが豊富にあるので、この2つは夏バテにはおススメ。

さっぱりしていて食べやすいですよ^^

夏野菜を炒めた野菜炒めもいいですし、肉類でしたら、豚肉がビタミンB群が

豊富なので、冷しゃぶにして食べれば食欲がなくても食べやすいですよ。

最後に

夏バテにならないよう、生活改善ししっかり栄養を摂ってこの夏も乗り切りましょうね!

疲れを残さないよう睡眠も大事ですので、充分に時間を心がけましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加