潮干狩りで取ったあさりの持ち帰り方法と砂抜きの仕方を紹介

潮干狩りでアサリを大量に取ったので晩ご飯のアサリ汁やバター焼きが

楽しみですよね!

ウキウキした気持ちでアサリを持ち帰ろうとしますが、アサリの正しい持ち帰り方を

知らない人が多いです。

また、あさりの砂抜きを間違った仕方でしてしまいアサリが死んで

結局食べられなかったなど、「今度こそ失敗したくない」と考える人も多いはず。

アサリの正しい持ち帰り方を覚え、しっかり砂抜きをし、おいしくアサリをいただきましょう。

スポンサーリンク

潮干狩りで取ったあさりを持ち帰る前に

アサリを持ち帰る前にやっておくことがあります。

それはアサリの表面をしっかり洗っておくことです。

取った後のアサリは砂や泥などで汚れているので、

海水で洗い落とします。ザルを使ってザブザブと

すると汚れが落ちます。

しかし汚れを落としても、まだアサリの表面にヌメリが残っているので、

今度は真水を使ってアサリを洗いましょう。

洗うときはアサリを真水に入れた状態で洗うのではなく、

水を流しきりながら洗いましょう。

両手で複数アサリを持ち、持ったアサリでこすり合わせて洗うとヌメリが取れますよ。

洗ったアサリはしっかり水気を切っておきます。

水気が残っているとアサリを傷めてしまうからです。

潮干狩りで取ったあさりの持ち帰り方

アサリの表面の汚れやヌメリを落としたら、

クーラーボックスに入れて持ち帰りましょう!

クーラーボックスの中に保冷剤を入れ(凍ったペットボトルでも可)、

潮干狩りで取ったアサリを、海水で濡らした新聞紙で包み保冷材の上に置きます。

持ち帰った後の砂抜きに海水が必要なので、

空のペットボトルにでも海水を入れて持ち帰りましょう。

アサリの量にもよりますが、バケツ一杯分(6ℓ~7ℓ)くらい持って行きたいですね^^

潮干狩りで取ったあさりを砂抜きしよう

アサリの砂抜きは持ち帰ってきた海水を使用します。

家で塩水を作っても問題ないのですが、

塩分の量が難しいので海水がおススメです。

塩水を作るなら塩分3%程の塩水を作ります。

砂抜きするときは幅広のトレーに入れ、100均のすのこを

下に敷き、アサリが重ならないようにすのこの上に置くといいですよ。

そこに海水を注ぎヒタヒタ程にし、2~3時間置きます。

このときトレーの上から新聞紙を重ねて置くと、中が暗くなるので、

アサリの砂出しが良くなります。

2~3時間そのままにしておいたら、海水を捨て塩出しをしましょう。

塩出ししておかないとアサリが塩分を含んでいる状態なので塩辛く食べられませんからね~!

塩出しは1時間程度アサリを放っておけばOKです。

塩出ししたら、アサリを水で洗い流し完了です。

砂抜きと塩出しを動画で紹介!

最後に

自分で取ってきたアサリの味は格別です!

そのためにもしっかりした持ち帰りと砂抜きをしましょう^^

おいしく食べるには欠かせない工程ですよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加