暑中見舞いを送るのはいつ?相手が喪中の場合は?例文を紹介

今年は暑中見舞いを送ってみませんか?

暑中見舞いとは夏の暑い時期に、友達や知人にハガキや手紙で送る挨拶状です。

内容としては夏の暑さで体調に変わりがないかを心配したり、

自分の近況を報告するといったことを書きます。

いざチャレンジ!

スポンサーリンク

暑中見舞いを送るのはいつからいつまで?

暑中見舞いを送るのはいつからいつまでか?

二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前までだったり、

夏の土用の時期(7月20日ごろから)から立秋の前までや、梅雨が明けてから立秋の前まで

と複数諸説があるんですよね^^;

迷う人は梅雨が明けてからで暑中見舞いを送ればいいでしょう。

暑中見舞いは相手が夏の暑さで体調に変わりがないかを伺う挨拶状なので、

梅雨明けで暑くなったときに送れば問題ないですよ。

暑中見舞いを送っても大丈夫?相手が喪中の場合は?

相手が喪中の場合でも暑中見舞いを送っても大丈夫ですよ!

暑中見舞いは先ほどもお伝えしたように、

夏の暑さで体調に変わりがないかを心配したり、自分の近況を報告するといった

ことを書きますので送ってもかまわないのです。

ただし、相手が忌中(仏教では49日、神道では50日)でしたら

暑中見舞いは控えたほうがいいでしょう。

暑中見舞いを送る場合の例文を紹介

ここで暑中見舞いの例文を上げておきますね!

参考にしてみて下さい。

・暑中見舞い例文

暑中お見舞い、申し上げます。

梅雨も終わり、暑さが増しておりますが、お元気でしょうか。

おかげさまで、私ども家族一同、なんとか元気で過ごしております。

暑い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

・相手が喪中の場合の暑中見舞い例文

暑中お見舞い、申し上げます。

〇〇さんがご逝去なさり、ご家族の皆様においては、
寂しい毎日をお過ごしかと、お察しいたします。

お悔やみ申し上げますとともに、
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

暑い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごし下さい。

最後に

暑中見舞いのデザインは夏らしいデザインがいいでしょう。

スイカやひまわり、金魚など色彩豊かなものを選んでみてもいいですよ。

喪中の場合の暑中見舞いのデザインは色彩は控えめがいいでしょう。

あまりデザインが暗すぎるのも相手に印象が良くないので注意が必要です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加