コーヒーで眠気が覚める理由とは?効果をしっかり発揮する方法とコーヒー以外での眠気解消を紹介

仕事中や勉強中に眠気が出てきたとき、

コーヒーを飲んで眠気を覚ます人が多いのではないでしょうか?

コーヒーを飲むと頭がスッキリして眠気対策になりますよね^^

しかし人にもより、眠気が覚めない人もいますよね。

コーヒーを飲んでも眠気が覚めない人は、ぜひ目を通してみて下さいね!

コーヒーを飲むと眠気が覚める人も、

効果を最大限に発揮させるために、この記事に目を通してみましょう!

スポンサーリンク

コーヒーが眠気覚ましになるのはなぜ?

コーヒーによる眠気覚ましの理由はカフェインが含まれているからです。

カフェインを摂取すると中枢神経が刺激され興奮状態になり、

眠気を解消するのです。

他にもカフェインの効果として、脂肪の燃焼効果や

一時的に頭痛を抑える効果があります。

しかしカフェインを摂取しすぎると、耐性がついてしまい

効果が減少してしまうので摂りすぎには注意しましょう。

コーヒーで眠気解消!効果を最大限発揮するには?

コーヒーで眠気が覚めるのはカフェインが理由だとわかりましたが、

効果を最大限に発揮させるために、眠気がなくなってほしい30分前に飲むようにしましょう。

会社で午後から大事な会議で居眠りするわけにはいかない場合などは

お昼休みに昼食と一緒に飲むのが理想です。

試験勉強だったらいつも眠くなる30分前に飲むようにすると、

カフェインの効果が最大限に発揮できますよ!

眠くなってから飲むのでは効果が発揮する前にダウンしてしまいます。

コーヒーを飲んでも眠気が解消されない人は30分経過する前に、

ダウンしているからかもしれませんよ^^

コーヒーには頼らない!眠気をコーヒー以外で解消するには?

コーヒーが苦手な人もいますよね。

カフェインが含まれている飲み物はコーヒーだけではありませんよ!

お茶や紅茶にも含まれていますし、コーラにもカフェインが入ってます。

特に玉露はコーヒーの2倍カフェインが含まれていますので効果バツグン!

ちなみに私はコーヒーよりコーラを飲むと眠気が覚めます^^

コーヒーよりコーラはカフェインの含有量が少ないのですが、

体質も関係してくるんでしょうね^^;

最後に

コーヒーに含まれているカフェインの効果を

取り上げましたが、缶コーヒーは糖分が多く含まれているので

飲み過ぎには注意しましょう。(微糖でも砂糖が多く含まれています)

眠気を覚ますには15分程仮眠することも効果があります^^

カフェインに頼りたくない人は試してみて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加