お中元のお返しは必要?いつ頃わたせばいいの?品物の金額は?

お中元をもらって、お返しをどうすれば悩んでいませんか?

家族や友達なら、「今度会ったときにでも挨拶しておけばいいかな?」

なんて深く考えたりすることはないですが、義両親や目上の人からの

お中元には「どう対応したら?」と悩んでしまいませんか?

今回はそんな目上の人からいただいたお中元の対応について記事にしてみました。

スポンサーリンク

お中元のお返しは必要なの?

一般的にお中元のお返しは不要です。

しかし何も渡す必要がないというわけではありません。

お中元をいただいたことに対しての感謝を伝えるお礼状を書きましょう。

電話で伝える方もいますが、それは目上の人には少し失礼です。

家族や友人でしたら電話でも大丈夫ですが、目上の人からのお中元は

ハガキもしくは手紙などでお中元が届いたことを感謝の言葉を入れて伝えましょう。

お中元のお返しはいつ頃渡せばいいの?

しかし、中には

「そうは言ってもお中元のお返しを渡した方がいいのでは?」

と考える方もいると思います。

お中元をお返しすること自体は失礼ではないので、お返ししても大丈夫ですが、

お返しの時期については、関東でしたら、7月1日~15日までに贈りましょう。

それ以降でしたらお中元ではなく残暑見舞いとして贈りましょう。

関東はお中元の期間が短いですが、その他の地方は、7月15日~8月15日となっています。

お礼状でしたらお中元が届いてから2日以内には出すようにしましょう。

お礼状は相手にお中元が届いたことを伝える意味もあります。

お中元を贈った人は「相手に届いただろうか?」と心配していますので、

お礼状はなるべく早く出しましょう。

お中元のお返しの品物の金額は?

お中元のお返しはいただいた金額の品物の半分ぐらいの品物

良いでしょう。

同等もしくはそれ以上の金額は相手に対して失礼になってしまいます。

同等やそれ以上の金額でお返しをすると、相手に次回からのお中元は

必要ありませんと伝える意味にも捉えられるので、お返しの金額の品物は

気をつけましょう。

相手にお中元のお返しの金額を低くすることで、相手も負担を感じずにお返しを

受け取ることができるようになります。

まとめ

まとめると

・お中元のお返しは一般的に不要

・お中元を受け取ったら、なるべく早くお礼状を出す

・お返しの贈る時期は関東なら7月1~7月15日

その他の地方は7月15日~8月15日

・お返しを贈る場合は金額の半分ほどの品物を

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加